気まぐれに本の紹介などしてみます。
ミゲル・ストリート Miguel Street
2008-03-30 Sun 14:54
「ミゲル・ストリート」・・・これはイギリス??・・・疑問符が付いたまま、ずっと読み続けていました。
出てくる人々や地名が、どうしてもイギリスとは結びつかなかったから。
でも“あとがき”で、謎が解けました。
舞台は、“僕”が少年時代を過ごしたトリニダードの首都“ポート・オブ・スペイン”の下町の一角“ミゲル・ストリート”。
その当時、イギリスの植民地だったのです。

登場人物の人間性豊かな事。
陽気に語られる語り口に魅了されます。
でも、日本ではありえませんね(笑)。
なかなか面白い作品でした。

     「ミゲル・ストリート   Miguel Street」
       著:V.S.ナイポール
       訳:小沢自然  小野正嗣              発行所:株式会社 岩波書店
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人生を変える3分間の物語 | Yuuのひとりごと | ちいさなちいさな王様>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| Yuuのひとりごと |