気まぐれに本の紹介などしてみます。
テンプル騎士団の遺産 上・下 THE TEMPLAR LEGACY
2009-11-14 Sat 13:30
いつものごとく、図書館をぶらり。

場所と時間を特定して、物語が展開して行きます。
上巻は、あっという間に読んでしまいましたが、下巻に入り中だるみ。
それも物語が進むと解消されました。

宗教的なことが絡んでくるので、いつもより余計に語りませんが、面白く読める物語でした。

自分の存在がなくなってから、他の人々の中でどう自分が生かされて行くか・・・。
そこに、自分が生きていた意味を知る事になる。
さて、私はどうなんでしょう。
私の生きていた証は、はてさて残るのでしょうか?

   「テンプル騎士団の遺産 上・下 THE TEMPLAR LEGACY」
    著:スティーブ・ベリー   
    訳:富永和子              発行所:株式会社 エンターブレイン
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドラッカー 365の金言 (The Daily Drucker) | Yuuのひとりごと | 京都・魔界への招待>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| Yuuのひとりごと |